ロサンゼルスの街角

LCCでお安く飛行機旅行

旅行は観光やグルメを楽しむほかに、「非日常」を味わうことができるのが醍醐味です。
しかし、交通費をはじめ宿泊費、食事代などさまざまな費用がかさんでしまいがち、抑えられる出費はなるべく抑えたいところです。
そして節約できた分でワンランク上の宿に泊まったりグルメを味わいたいといった人がたくさんいます。

格安航空券で飛行機に乗る

そんな時に助かるのが、格安航空券です。
通常の航空券よりも格安な価格で飛行機に乗れるのですから、節約したいときに大きな味方になってくれることでしょう。
支払い金額も、航空会社の選び方や購入の仕方などによって大きく変わってきます。
場合によっては、通常運賃の半額やそれ以上といった格安な金額で航空券を手に入れることも可能です。
旅行費用をなるべく抑えたいというのなら、こういった方法を駆使するといいでしょう。

最も安く飛行機に乗るならLCC

安く飛行機に乗る方法はいくつか挙げられますが、現時点で最もおすすめなのがLCCを利用することです。
LCCは「Low Cost Carrier」の略で、日本語にすると「格安航空会社」を意味します。
今では一般の航空会社でも早期予約購入割引などのお得なチケットの販売サービスを行なっていますが、金額面だけをいえばLCCにはかないません。
LCCはフライトを利用者の多いルートに限定したり徹底した効率化やサービスの簡素化を行なうことで、低価格を実現しています。

メリットだけでなくデメリットも認識しておく

確かに、LCCの徹底した効率化やサービスの簡素化をデメリットと感じる人もいます。
たとえば、予約はインターネットのみで電話や窓口での予約・購入は有料になることや機内預け荷物が有料であること、ドリンクや食事などの機内サービスは有料であることなどが挙げられます。
また座席間隔が狭いことなどもデメリットとする人も少なくありません。

したがって、LCCを利用する際はこういった点を事前にしっかり認識しておくことが必要といえます。
これらの点を認識し納得したうえであれば、問題はないはずです。
インターネットでの予約も難しいものではありませんし、国内の旅行であればさほど大きな荷物を持つこともないので預け荷物も必要ないかもしれません。
搭乗する前に自分で飲み物を買えばドリンクの心配もいりませんし、国内の移動ならせいぜい1~2時間なので座席が少々狭くても我慢できるはずです。
一般の航空会社のサービスもいいのですが、それと運賃の差をどう受け取るかによってどちらを選択するかが決まります。
そして、サービスよりも安く飛行機に乗りたいという人たちにLCCは大いに人気を集めているのです。