ロサンゼルスの街角

一般の飛行機会社のフライトに安く乗る方法

以前よりは手軽に利用できるようになってきたとはいえまだまだ料金が高いというイメージのある飛行機ですが、格安に乗れる方法もあります。
同じ飛行機に乗るのにも航空券の購入の仕方によってはかなりの金額の違いの出るケースもあるので、その手段を知っておくのもいいでしょう。

LCCは安いけれども…

現在は飛行機移動をする場合、LCCを選ぶ人も少なくありません。
今やLCCは国内だけでなく外国へ行く場合も多くの人の選択肢のひとつとなっていますが、サービスや座席の広さなどは通常の航空会社と比較した場合に大きな違いがあり、それをデメリットと感じる人も少なくありません。
フライト時間が短い国内の移動であっても、やはりさまざまな点においてLCCよりも通常の航空会社のほうが優れていると言わざるを得ません。
だから、料金が高くても通常の航空会社を選ぶ人は少なくないのです。
それでもなるべく安く利用したいと思うのは当然でしょう。
その際には、早期予約購入割引を利用することをおすすめします。

早期予約購入割引とは?

このサービスは、搭乗日よりも早く航空券を予約・購入することで通常運賃から大幅な割引を受けられるというものです。
一般的に飛行機においては8割以上の座席が埋まらなければ赤字フライトになるといわれるので、航空会社とすればそれを防ぐために少々安く販売してでも席を埋めようとするわけです。
それが早期予約購入割引のサービスなのです。
航空会社や路線、時期などにより割引率などは変わりますが、通常運賃の半額から中には8割程度の割引を受けることができる場合もあります。
通常この割引サービスは搭乗日の2カ月前くらいから予約が可能となりますが、人気の高いフライトはすぐに売り切れることも多いので、なるべく早く申し込むことをおすすめします。

パッケージプランもおすすめ

また、JALやANAなどの大手航空会社では系列やグループ内に旅行会社を持っていて、そこで航空券と宿泊施設をセットにしてパッケージプラン販売をしていることもあります。
これらを利用すれば航空券と宿を別々に手配するよりもかなりお得に利用することも可能となります。
LCCでもパッケージプランを実施しているケースもあるようですが、プランの幅広さやサービス、快適さの面などではやはり大手航空会社に軍配が上がるでしょう。

格安な料金で飛行機に乗るといえばすぐにLCCを思い浮かべる人も多いのですが、チケットの購入や手配の仕方次第で一般の航空会社もお得に利用できることも覚えておいて損はしませんよ。